イボミアプローチの打ち方イボミのアプローチスイング

<スポンサーリンク>

イボミ流左で打つアプローチ”体重移動”

アドレスから左足体重で、体重移動しないで打つ!

 アプローチで大事なのは正確性。狙ったところにボールを運ぶことです。それにはシンプルに構えてシンプルに打つのがベスト。
 イボミはまず、クラブのロフト通りに打てるよう、ボールを両足の真ん中に置いてアドレスします。また、アプローチはショットのように飛ばす必要はありませんから体重移動をしなくてもいい。

 

そのため、イボミは左足に体重をのせ、終始左足体重のままスイングしています。
 こうすると左足を軸にしてシンプルに振れる。ダフリやトップのミスも防げます。フィニッシュでは左足一本で立つ感じになります

  • ベーシックな打ち方をするならボール位置は真ん中がベスト。ボールをつかまえようとすると右寄りに、上げようとすると左寄りになる傾向がある。
  • 左腕とクラブが一直線になるのが目安。この形が崩れないようにストロークする。
  • 左足体重のまま振れば下半身は動かない。左足を軸に正確に動けるのでインパクトでアドレスの位置にヘッドが戻る。
  • フィニッシュでは左足一本で立っている感じに。体重移動が大きとこの形にならないので注意。終始左足体重で打つため、打ったあとも重心は左腰に。左腰に体重が乗る感じのフィニッシュになる。
  • アプローチではクラブを短く持つことも大事です

イボミ流左で打つアプローチ”スイング軸”

体の中心で打つのではなく左足の付け根がスイング軸

 

アプローチでトップが出やすい人は、無意識にボールを上げようとしている傾向があります。
トップのミスをなくすカギは”左足の付け根”にある。ここを意識して振るだけでアプローチでのミスが減ります。

 

左足の拇指球を踏ん張るようにして左足体重のまま振り抜く
 トップが出やすい人は、ボールの行方が気になってヘッドアップしたり、ボールを上げようとして上体が伸び上げって、いわゆるすくい打ちの形にアンっています。こうなると右足に体重が乗ったまま打つことになります。

 

 トップをなくすには左足の付け根を軸にスイングすることです。左足付け根を軸に振ればすくい打つ動きはなくなります。
 ポイントはアドレスで左足付け根にハリを持たせ6:4の左足体重で構えることです。さらに、左拇指球を踏ん張るようにして左足体重のまま振り抜けばOKです。

  • 左足体重で構えたら左足の付け根をスイングの回転軸として意識することで、左軸のままスムースに振れる。
  • ダウンスイングは左腰からスタートするイメージ、左足の付け根がスイング軸となって正確なターンができる。

イボミ流左で打つアプローチ”下半身の使い方”

安定した距離感は左のお尻を動かさない!回さない!こと

 

左足体重にしたら左のお尻を固定する感じでOK
 左足に体重を乗せ、左足の付け根に軸をイメージして振ると、結果的にスイング中に左のお尻のポジションが変わりません。軸のイメージを持つのが難しければ、左のお尻を動かさないことを意識してスイングしてもいいでしょう。
 バックスイングで体重が左足に乗りやすい人は、スイング幅が大きすぎるかもしれないので、左足体重のまま振れるところまで振ればいいと考える。その振り幅で距離が足りないなら番手を上げましょう。
 ダウンスイングでは右サイドは意識せず、左腰から回していきます。その際、左腰が左にスライドしないように気をつけましょう。
イメージ的には、その場でクルッと回す感じです。

  • 左足の付け根にハリを持たせ、左拇指球を踏んばると正しい左足体重のアドレスにな
  • ストローク中は体重移動しない。左足の付け根に意識を向けて、腰を回すだけ
  • ダウンスイングは左腰からスタートするイメージ。体重が右に移動するほど振る必要はない
  • 左ヒザの角度や左のお尻のポジションが終始変わらない、左足付け根が軸になれば誰でもできる

イボミ流左で打つアプローチ”下半身の使い方” 

シャンクやトップのミス解消にはこれ!

 

アプローチでシャンクに見舞われる人は右ヒザに問題あり。右ヒザが前に出てこないように振ればシャンクも止まる

 

インパクトまでは右カカトを上げないようにする
 せっかくグリーン周りまできたのに想定外のシャンク!スコア的にはもちろんのこと、精神的のも大きなダメージを受けますよね。
 シャンクする人のほとんどは、下半身が動きすぎ。とりわけ、ダウンスイングでショットと同じようにカカトが上がり、右ヒザが前に出てきます。こうなるとクラブの通り道がなくなって手が目に出てしまう。この影響でフェースが開き、シャンクが出るわけです。 もしシャンクがでたら、右ヒザの位置を保ったまま振る意識をもってください。すでに重心を下げて構えていますから、その状態をキープしてベタ足で振る。

 

少なくともインパクトまでは右カカトを上げないようにしましょう。

  • ダウンスイングで右カカトが浮くと右ヒザが前にでる。スイングが窮屈になり手元が浮くためフェースが開いてシャンクする。
  • ダウンウイングで右カカトを上げなければ、右ヒザの角度が変わらない。クラブがスムースに下りるからシャンクは出ない。
  • インパクトでアドレスの位置に右ヒザがあればシャンクは出ない。要は動きすぎが問題。ベタ足のまま振れば解決する

イボミ流左で打つアプローチ”上半身の使い方”

左ワキを締めて、ヘッドの重さで振ること!

 

左で打つアプローチに場合、上半身でも左サイドが大事。左ワキを締めてスイングできれば体の回転で打てるから距離、方向性ともに安定する。

 

左ワキを締めて振るとクラブと体の動きが同調する
 ほかのショットと同様、アプローチでも上体をリラックスさせておくことが大事です。腕に力が入ると手でクラブを振り回しがち。これだと軸がブレて、体とクラブがバラバラに動くことなります。
 ポイントはアドレスで受胎をリラックスさせておくこと。イボミの場合、一度構えてから両ヒジの距離を少し離すようにする。こうすると程よく脱力して受上体をリラックスさせられます。
 これができたら、左ワキを適度に締めること。これにより腕と体が一緒に動くので、クラブを体の動きに同調させることができる。いわゆるヘッドの重さを使って自然にスイングできるようになります。

  • アプローチで手元が先行するとフェースが開き、いろいろなミスを誘発する。左ワキを締めれば腕と体が一体化してクラブの軌道が安定する。

イボミ流左で打つアプローチ”フォローの形”

ダフリ解消に最も効果的なのは、グリップエンドをおへそに向けたまま振る!

 

アプローチと言えども最後まで振り抜くことを忘れてはいけない。
グリップエンドをおへそに向け、左右対称に振ってフォローが出れば、距離感が出てスピンもかかる

 

フォローでおヘソとヘッドを目標に向ける
 勢いをつけて振り抜くショットとは違い、アプローチでは振り幅が小さくなります。そのため、手元でボールに合わせにいきやすい。
これがザックリやトップの原因になる事もあります。
このようになる人は、インパクトで終わる感じのスイングになっている。
本人が意識しなくてもそうなっています。
 これを防ぐには、意識してフォローをしっかり出すことですが、フォローだけを気にするとタイミングが早くなるので、左右対称の振り幅で振ることをおすすめします。
 ポイントはフォローでおヘソとヘッドを目標に向けること。グリップエンドと左腰の間隔を保って動けると、手と体を一体化させて振り抜けます。

 

手首の動きではなく、胸の動きで距離感んを出す!

  • 振り幅は左右対称、手先をコントロールしようとするとミスになあるので、スイングでボールを運ぶ意識をもつ。
  • 左右対称を心がけるとインパクトへの意識が薄まる。ボールに合わせる動きが無くなるため打球が安定する
  • グリップエンドをおヘソに向けたまま左右対称のスイングを意識すると、途中でスイングが終わらず最後まで振り抜ける。このスイングで得られた距離感と方向性が本物。

 

アドレスからフォローまでグリプエンドは常におヘソに!

  • グリップエンドがおヘソを向いていれば、手首と胸の三角形もキープできる。

イボミ流左で打つアプローチ”スイング軌道”

インパクトまでは手首を返しちゃダメ!
ヘッドと手首はインパクトまで直線で動かす!

 

手首を返さないことで、インパクトでアドレスの形が再現できる
 ここまで説明してきたことをやると、インパクトでアドレスの形を再現できます。
動きが大きく体重移動を使うショットでは、インパクト=アドレスにはなりませんが、下半身を固めて振るアプローチでは両者の形が重なってきます。
 その結果、左手首の角度が変わらずにボールをヒットする。右手の平はクラブフェースと同様に目標方向を向いていますから、その方向に打ち出せます。
打つ前に、あらかじめインパクトの形を作ってからスイング始動してもいいでしょう。
インパクトの前に手首を返して打つと、ヘッド軌道が不安定になてしまい、ミスの原因になってしまう。
正確性が大事なアプローチでは、なるべくスイングの再現性を高めるためにも、手首は返さないで、上半身の回転でボールを打つことになる。

 

左で打つことにより、右サイドが悪さをしないのがボミ流アプローチのメリット。インパクトではフェースと右手の平が目標を向く

 

右手のひらの向きをインパクトで再現
・アドレスでは右手のひらとクラブフェースが目標を向く。インパクトではこれが再現されるので目標に向かって打ち出せる。
・振り幅は小さいものの、体はしっかりターン。バックスイングとフィニッシュでクラブヘッドが同じ高さに収まる。


イボミのバンカーテクニック